特典 超優良

10年喰えるアドセンスブログでのメインタイトルの付け方と3つのコツ

投稿日:2019年1月11日 更新日:

アドセンスでいくらかすでに稼いでる方なら、メインタイトルの重要性は痛いほどご存知でしょうが・・・

まだ日が浅い方や、これから始める方は今回の記事はしっかりと自身の中に落とし込んでおいてください。

 

何百記事とあとから修正することを考えたら、今からしっかりやっておくほうが楽なのは言うまでもありません。

 

さらにアクセスに物凄い影響するテーマですしね。

 

10年喰えるアドセンスブログでのメインタイトルの付け方と3つのコツ

需要なコツは3つ

  1. 31文字以内でまとめる
  2. 重要なメインキーワードは先頭に配置する
  3. 解決できそうだ”と思ってもらえるタイトルに

たったこの3つでSEO的に大きな差が生まれます。

 

では具体的に解説していきますね。

 

1、31文字以内でまとめる

PCで検索した場合31文字以降の文字は「…」点になります。

検索ユーザーには読まれない(見えない)ことになります、なので出来れば31文字以内に収めたほうが良いです。

 

スマホの場合は33~35文字辺りまでは表示されるので、長くてもこのくらいに収まるようにしたほうがいいです。

 

 

年々スマホユーザーの検索ニーズがPCを超えて増加中ですから、むしろPCよりもスマホを意識した作り込みをしてください。

 

文字数を数えるツール

文字数カウント」という無料のサイトがありますから活用してください。

またはプラグインなどで、自動ですぐ表示させるやり方もあります。

興味がある方はググって調べてみてください。

 

 

2、重要なメインキーワードは先頭に配置する

まず検索した場合、日本人ならほぼ左からタイトルを読みます。

30文字程度のタイトルでもユーザーには最後まで読まないという人も多くいます。

つまり先頭部分だけを見てスクロールする割合が多いというデータがあります。

 

一応右側の文字も視界には入ってきていますが、イメージとしてはこんな感じでスクロールしています。

よほど気になる言葉などがあれば目を引くでしょうが…

 

はいそうなんです、左側は同じメインキーワードが並んでるのでユーザーは気になる後半の言葉に惹きつけられ「見てみようかな」とクリックします。

 

または、1位~4位あたりの1ページ目を1位から順番に見ていくというパターンです。

でも、よほど気になる言葉の場合は例え4位でも1位~3位を飛ばして見ます。

あなたもそんな探し方をしたことはないでしょうか?私はあります。

 

間逆な言葉などが気になることはしょっちゅうありますよ。

例えば…

副業 おすすめ」で検索したとします。

  1. 「副業でおすすめを紹介~云々」
  2. 「副業でおすすめしない怪しい~云々」

人は危険から本能的に逃げようとか回避しようという行動をとります。

なので私なんかは、2の真逆のこととか書かれている「副業でおすすめしない怪しい~」をまず見ちゃいますね。

 

人は解決したいから検索する

3の「解決できそうだ”と思ってもらえるタイトルに」はまさにそうです。

つまりタイトルの31文字以内に解決を匂わす意味合いを含めることです。

 

先程の

  1. 副業でおすすめを紹介~云々

で説明しますと、「副業でおすすめを実体験から3つ紹介!」

などとするとリアリティも出てきますし、具体的個数も提示されているので見てみたくなります。

 

たとえ上位表示されてなくても、平々凡々なタイトルよりはクリックされやすいと思います。

ぜひ魅力的なタイトルを考えてください。

 

 

その他

言うまでもありませんが、キーワードはGoogle trendなどで必ずグラフをチェックしましょう。

こんな風に数年間に及び安定していると、それだけ比例して稼いでくれる記事になるということです。

 

出来れば下図のように右肩上がりを選びたいですね。

このグラフで言えば、10年以上にわたって上昇グラフなのでそう簡単には落ちないと思います。

世の中から猫が絶滅でもしない限りは・・・(笑)

 

キーワードを詰め込みすぎない

昔はSEO対策だということでトレンドブログなどで、やたらとキーワードを詰め込んだ時代などもありました。

例えば

「AKBの〇〇と△△が不倫!?相手は?年齢は?LINEでの中身流出?」

愚の骨頂です。

やめましょう!

もはやスパム扱いを受けて圏外へ飛ばされかねません。

 

あくまでも自然な文章でなければなりません。

 

タイトルはシンプルなほど目立つ

なにも33文字複合語もビッシリ入れてなければならないということはなく、例えば24文字でキッチリ収まればそれはそれで全くかまいません。

スッキリしててかえって目立つというものです。

 

で、ここが難しいんですが、じゃあ絶対33~34文字をオーバーしてはならないのか?というとそんなこともないんですね。

どうしても商品名がやたら長いとかありますよね、そういうのは仕方ないのでオーバーしても何ら構いません。

 

タイトルが記事内容と必ず一致し整合性が取れていること

当たり前だと思うでしょうが意外にこれが出来ていない人がたくさんいます。

というのもコンテンツ重視策で、やたら文字数を増やそうという傾向が2016年あたりから増えました。

 

その結果タイトルとはあまり関係ない枝葉的なことも付け足したりし、読んでる読者も何を解決しに来たんだっけ?状態になることも・・・

 

とにかくユーザーがタイトル通りにしっかり解決出来る記事一番のSEOだと思ってください。

 

具体性を打ち出す

先程の「副業でおすすめを実体験から3つ紹介!」に”~3つ”と具体的数字などが入っていると読者には具体的だと思われます。

ぜひできるだけ数字は入れてください。

選択肢での数字の場合は多くても5つまでがいいでしょう。

選択肢が多いと人は選べない性質なんです。

 

でもランキングなどの場合は数字が多めでも問題ありません。

例えば

「人生で死ぬまでに読んでおくべきおすすめ本ベスト12!」

とかですね。

 

年号の数字について

たとえば「2019年初詣で有名人にあえる場所ベスト10」などですが、毎年中身も更新やメンテナンスを疎かにしないのであればかなり強力な手法です。

 

もしメンテを怠ったら、古いままの情報となりますからアクセスは落ち込むのは仕方ありません。諸刃の剣のような感じですね。

マメな人にはおすすめかも。

 

タイトルの文字数を稼ぐ方法

英数字は半角で入れましょう、半角ですと文字数カウントは一文字0.5扱いになります。

先程紹介したここでカウントすれば1文字扱いにはなりますが、実は稼ぐことが出来ますので全角で書くのは避けましょう

0.5(全角)→0.5(半角)

 

まとめ

最低でも初めに言った3つのこと

  1. 31文字以内でまとめる
  2. 重要なメインキーワードは先頭に配置する
  3. 解決できそうだ”と思ってもらえるタイトルに

だけでも覚えておけば損はないです、タイトルのセンスが磨かれればもちろん物販などのサイトアフィリなどにも応用が効きますし得することはあれど何も損はしません。

 

今後スマホでの検索ユーザーはもっと増えます。

スマホユーザーに的を絞ったサイト作りに頭を切り替えたほうがいいでしょう。

 

『ペナルティ皆無で何年も稼いでくれる資産ブログを作りたい方』
※【PRIDE】←(アドセンスに特化した王道ノウハウ、無期限サポート付きます。あと無料で似顔絵イラストも!)

サイトや記事添削も無料で3回までやってますよ~^^
ご質問はこちらから

 

資産ブログで10年安定して稼ぐ方法「2019年最新版」>へ戻る!

 

 

いい加減そろそろ、15%の仲間に入りませんか!

 

王道の本物のアフィリエイトを 今からやれば早くて3ヶ月後

遅くても半年後には初報酬が得られます! 稼ぐ方法にファンタジーは必要ありません

必要なのはあなたのやる気行動力たったこの2つだけです。
本業をおろそかにせずスキマ時間を有効活用してお金を貯められます。

 

スキマ時間で月5万~100万稼ぐ!忙しい人の為の完全無料講座(途中複数のプレゼントも!)

 

-特典, 超優良

Copyright© SUKIMA LOG , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.