超優良

ネットビジネスで稼ぎたいなら脳科学マーケティング100の心理技術は必須

投稿日:

あなたがもし何かをお客さんに売りたいと思った時、ほんの少しだけ工夫をすれば売上は5倍に跳ね上がるとしたら・・・?

 

当然その工夫をしますよね。

例えば月に2万円しか売れなかった商品が、少しの工夫で5倍の10万円になるんですから。

当然ですが1年を通せば大きな開きとなります。

 

機会損失を防ぐためにも、その一部をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら脳科学マーケティング100の心理技術は必須

かりに今あなたは脳腫瘍だとします、手術をする必要があり医者と話をします。

 

フレーミング効果

あなたは脳腫瘍で手術しなければなりません。

手術をしないと余命は1年と告げられました。

 

2つの選択肢

ここで2つの病院があります。

A病院の先生
死亡する可能性もありますが、生存率95%の手術です。

B病院の先生
受けた患者の20人に1人が死亡する手術です。

 

あなたはどちらの手術を受けたいですか?



 

 

実はこの2つは数学的には全く同じ確率です。

しかし、これを見たほとんどの人がB病院の方をより危険だと感じています。

これは「フレーミング効果」を応用したものです。

 

このように他に5つのクイズがあるので、ご自分の実力を試したい方はコチラからどうぞ


http://directlink.jp/tracking/af/1459667/Lcij7go5/

 

数字の影響と印象

こんな実験があります。

(「脳科学マーケティング100の心理技術」P.237より抜粋。
----------------------------------------------------------------

ツヴァイクは、情報の提示のされ方によって解釈のされ方が異なること ──

すなわち「フレーミング効果」について、時間をかけて説明している。

それ に関する驚きの例の1つが、数字をパーセンテージで示す場合と絶対数で示す場合の違いだ。

ツヴァイクによれば、

 

「10%」と「10人中1人」といった微妙な表記の違いでも、読む人は異なる反応を示すそうだ。

 

そして例としてこのような実験を挙げている。

それは精神科医に、このような患者を退院させるかと尋ねる実験で、

 

6カ月以内に暴力行為を起こす確率が20%の患者」に対し て、退院させると答えた精神科医は79%だったが、

100件中20件の割合で6 カ月以内に暴力行為を起こすような患者」という表現にすると、退院させると答えたのは59%になったという。

 

 

また別の実験では、

「罹患した人1万人中1286人が死亡する」ガンのほうが「死亡率12.86%」のガンよりも
危険性を32%高く感じるという結果が出 ている。

 

この違いは、人数で示したほうが人としての現実味を感じさせることからくる。

2%の確率で不運に見舞われる」と聞くと、低く感じられるが、

100人中2人が被害に遭う」と聞くと、脳は実在する2人の人がケガをす ることを想像してしまうのだ。

自社商品やサービスの長所を説明するときの数字は、絶対数のほうが 効果大だ。

実数には無意識に人の脳を働かせるパワーがあり、パーセンテージ表記には人に考えさせないパワーがある。

 

要するに、

ポジティブなこと:実数をつかう
ネガティブなこと:パーセンテージをつかう

というルールである。
----------------------------------------------------------------

 

あなたのお店の数字や、ホームページや広告の数字にも今すぐこの法則を試して見てください。

他の99個のアイデアを知りたい人はコチラの本が役立つでしょう


http://directlink.jp/tracking/af/1459667/Lcij7go5/

 

自分が一番信じられない体験談とまとめ

私は昔(24歳の頃)、飛び込みの営業マンをやっていました。

価格は8万円~24万円ほどの中高生向きの教材販売です、いきなり玄関のピンポンを鳴らし〇〇君はおられますか?

 

とその家の子供の名前を言って、呼んでもらい勝手に玄関に入ります。

親は何でしょうか?と聞きますから、受験のことで伺いましたと切り出します。

 

そして子供をとにかく呼んでもらい、教材のパンフレットを見せながらセールストークを炸裂させていきます。

 

ここでのポイントは、受験にこれを使えば合格間違いなし!という(アメ)、でも使わなければ落ちるかも知れないよという恐怖心(ムチ)を交互に入れていくことです。

 

親は子供の受験となると真剣です。

 

そして、さり気なくトークの中に「みなさんこれをされています!」というワードをサブリミナルのように差し込んでトークを盛り上げていきます。

 

親もセールストークを真面目に聞き始めます。

最後はクロージングで”じゃあこれで頑張ってごらん!”と手を差し出し子供と握手をします。

 

親の心理は、「みんながやっているのなら・・・」とか、「うちだけさせないわけにもいかないし・・・これで合格してくれるのなら」

などほぼ買う気になっている所に、子供との握手で買う覚悟が決まります。

 

これを使って頑張って勉強して合格しよう!と言うと大抵の子供は「うん」と言います。

 

ほとんどの親は我が子が今より勉強してくれるのなら・・・と心から願っています。

 

 

こうやって教材を売り歩いてた時代がありました。

もはや押し売り的でもあるんですが^^;

 

今思い起こすと本当に自分がこんな事やってたなんて信じられないんですけどねw

考えてもみてください、いきなりはじめての家へ行き玄関先で突然子供と親の前でセールス始めるんですからw

 

プロダクトローンチのように段階を踏むわけでもなく・・・

なのに高額な8万とか24万とかの商品が、その日に売れちゃうという・・・。

 

エキセントリックですよね~^^;

 

もちろん嫌なことも沢山経験しました。

ヤクザのようなお父さんに怒鳴られたり、犬(ポメラニアン)に噛まれたこともありましたw

でも直接会って眼の前で説明するというのはかなりパワフルなのは間違いないです。

 

この経験を思えばネットビジネスなんて、なんてぬるい世界なんだろうとつくずく思いますね。

ぬるすぎるからこそ、かえってネックになっているのかも知れませんね。

 

 

メルマガのアンケートには様々な苦境を書いてる方がいます。

  • お金がなくて困っています
  • 生活保護から脱却できません
  • 仕事が嫌で嫌で・・・
  • 何から初めたらいいのか・・・

・・・etc

 

じゃあ私から質問です。

あなたは目が見えますか?自分で歩くことはできますか?キーボードを自分で打つことはできますか?

モニター画面の文字を読むことはできますか?

日本語は分かりますか?

会話する能力はありますか?

笑顔はできますか?

挨拶はできますか?

部屋を片付けたり掃除することはできますか?

 

以上の事が出来るのなら問題ありません。

 

金持ちと貧乏人との差は肉体的には何もありません。

 

じゃあ、何に差があるのかと言うとやはりマインド(考え方)ですね。

 

金持ちの発想の根底には共通点がありますそれは、

 

「人と違うことがしたい!」

 

つまり、ナンバーワンを目指すのではなくオンリーワンを目指したほうが、もしそれで成功したら必然的にナンバーワンにもなれるということを知っているんです。

 

成功の決め手はオンリーワンで勝負することです、自分の得意分野をデジタルコンテンツ化し、

 

さらに決済までを完全自動化すれば、あとは集客に力を入れるだけです。

その方法を和佐さんが詳しく昔から解説してくれています。

 

本気で人生変えたい人は一度見ておいてください。

コンテンツビジネスエリート養成講座

 

私のように飛び込みセールスするよりは、遥かに楽なのは確かでしょうw

 

 

 

消費者ホットライン(188)番

 

いい加減そろそろ、始めませんか?

 

王道の本物のアフィリエイトを 今からやれば早くて3ヶ月後

 

遅くても半年後には初報酬が得られます! 稼ぐ方法にファンタジーは必要ありません

 

必要なのはあなたのやる気行動力たったこの2つのキーワードだけです。
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

【厳選おすすめ優良商材はこちら!】

 

【アンケートに答えて成功のノウハウをタダでGETする↓】

アンケートに答えメルアドを登録して頂いた方だけに

面白ノウハウ無料公開中!

これを最初に考えた人は、たった2日で構築し

1ヶ月で80万稼いだという!

さらに頑張る人には、必ずアフィリエイトで稼げるようになる最新の

ノウハウを全て無料公開中!何事も最初が肝心なんです!

★他にもメルマガ読者限定の「アドセンスだけで10年安定して食っていく資産ブログの作り方」講座記事読み放題!

アンケートはコチラから。解除はいつでもワンクリックでできますのでご安心ください。動き出した人から、人生は少しづつ変わりますよ。

-超優良

Copyright© 情報商材レビューBAKURO , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.