アドセンスアフィリエイトはアドセンスの許可が下りて始めて収益が発生します。

そのアドセンスがなかなか通らない人がここ最近増えてきました。

 

Googleは去年辺りからアドセンスを簡単には許可しなくなってきました。

やはり不正を働くものや質の低いコンテンツの量産に歯止めを掛けたい意向があるのでしょう。

なので入り口からふるいに掛けているわけです。

 

おかげでなかなか通らない人もいます。

しかし、焦る必用はまったくありません。

 

どうせ、最初の頃はアクセスなんて来ませんから(^_^;

それが普通です。

 

とは言えやはり早く許可はもらいたいですし、モチベにも影響しますからね。

まだ、アドセンスが通ってない方は必ずチェックしてください。

通ってる人でも記事のクオリティ向上に役に立ちますので一度確認しておいてください。

 

 

グーグルアドセンスの審査に通らない人への22個の効果的な対策

アドセンスの審査に通すためのチェックリスト

※(出来ればプリントアウトしてチェックしていきましょう。)

<必須要件>

  1. □ 審査用広告コードが<head>~</head>に設置されている
  2. □ 前回のアカウント不承認から2 週間以上経っている
  3. □ 審査依頼中はプレビューを使わない
  4. □ サブドメインを使っていない
  5. □ サブフォルダーを使っていない
  6. □ ペラペラのタグページがない
  7. □ ペラペラのカテゴリーページがない
  8. □ グローバルメニューが設置されている
     □ メニューにサイトマップがある
     □ メニューにプライバシーポリシーがある
     □ メニューに運営者情報(プロフィール)がある。
  9. □ 運営者が18歳以上である
  10. □ NG ワードを含んでいない
  11. □ 画像、文章に著作権の問題がない

 

<遵守したい項目>

  1. □ すべての記事が全角1,000 文字以上である
  2. □ サイトの記事数は30 記事以上ある
  3. □ 審査申請中も記事を追加更新している
  4. □ 適度にh タグの見出しを付けている
  5. □ 記事本文はp タグを使っている
  6. □ 文の途中で改行を多用していない
  7. □ 画像は、適正にサイズを調整している
  8. □ アイキャッチ有りのテーマでは、全記事にアイキャッチが設定されている
  9. □ 審査前にアフィリエイトリンクを貼っていない
  10. □ 審査前に外部リンクを貼っていない
  11. □ サイト表示スピードに致命的な問題はない

グーグルのページスピードインサイトのページでチェック
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

必須要件の簡単な解説

1、審査用広告コードが<head>~</head>に設置されている。

審査用広告コードとはこれです。

審査用広告コード

<script async
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-0123456789012345”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

このコードが<head>~</head>の間に設置されていることが必須条件です。

このコードが、指定通り表示されることによって、ドメイン(ブログ)の所有権を確認するようです。

コードが設置されていないと次のようなメールが届きます。

 

メール内容

ドメイン所有権:

AdSense の承認プロセスを完了するには、サイトをAdSense にリンクしていただく必要がございます。

 

 

通常のテーマ(テンプレート)であれば、header.php の中に記入することになります。

キャッシュ系プラグインの干渉によって、勝手に消されることがあるので、

設置後に必ず『ページのソースを表示』で、審査用広告コードが表示されていることを確認します。

ブログの表示では何も変化がありません。

従来は、広告ユニットを作って貼り付けましたが、

現在は、2 次審査に通るまでは広告ユニットは作れません。

 

2、前回のアカウント不承認から2 週間以上経っている

『Adsense のお申込み状況』というメールで

アカウントは不承認となりました。」と通知されてから2週間以内は、審査が行われないようです。

 

メール内容

AdSense のお申込み状況:

 

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、

引き続きお申し込みの審査を行いました。

その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。

 

不承認の連絡を受けたら、2週間経ってから再審査を申請します。

この間に、不承認理由の対応処置をしておきます。

二次審査が不承認になった場合の再審査申請は、一次審査からやり直しとなります。

再審査の場合は次のようなメッセージが表示されますが、やる作業は初回の時と同じです。

 

メール内容

AdSense にお申し込みいただきありがとうございます。

残念ながら最初のお申し込みは承認できませんでした。改めてお申し込みいただく際には、

以下の項目に入力してください。

 

必要事項を入力して申請するとしばらくしてからアドセンスの管理画面に次のように表示されます。

 

メール内容

お客様のサイトを審査しています。
サイトの審査には最大で3日間かかります。審査が完了次第、メールでお知らせいたします。

これで審査請求請求は受け付けられたので後は何もせずに結果を待つだけです。

 3、審査依頼中はプレビューを使わない。

プレビュー画面は管理者以外は閲覧することができません。たまたま審査時にプレビュー画面に
遭遇すると閲覧できないために審査が出来ません。
承認されなかった理由として、次のようなメールが届きます。

メール内容

サイトは審査不能:

審査する際に、サイトがダウンしているか、表示できない状態でした。

お客様のサイトを審査しています。サイトの審査には最大で3日間かかります。

審査が完了次第、メールでお知らせいたします。

普通に更新して、必要に応じて修正を繰り返してください。

アドセンスの審査依頼中はプレビューを使ってはいけません。

 

4、サブドメインを使っていない

サブドメイン形式のブログでは、アドセンスは承認されません。

多くの無料ブログでは、例えば、http://abcd.seesaa.net/のようなサブドメイン形式を採っているので、

アドセンスの申請には使えません。

animal.com のようにドメイン本体だけのものをルートドメインと言います。

これに対して、dog.animal.com とかlion.animal.com のように、ドットによって、

細分化されたものをサブドメインといます。

ヤフーを例にするとわかりやすいですね。

  • ヤフー本体 https://yahoo.co.jp/
     
  • ヤフー知恵袋 https://chiebukuro.yahoo.co.jp/
     
  • ヤフー辞書 https://dic.yahoo.co.jp/

 

5、サブフォルダーを使っていない

サブドメインと似ていますが、animal.com のルートドメインに対して、

http://animal.com/dog とかhttp://animal.com/lion/

のように、スラッシュで細分化されたものをサブフォルダーまたはサブディレクトリといいます。

サブディレクトリのブログもアドセンスでは承認されません。

 

6、ペラペラのタグページがない

あまり意識せずにタグを使っている例が多く見受けられます。

タグを設定するとタグ一覧のページが自動生成されます。

例えば、「スペイン料理」と言うタグを設定すると、「スペイン料理一覧」のページが作られます。

しかし、スペイン料理の記事が「ペラスープ」の1記事しかないとすると、ペラスープの記事紹介だけで

中身が殆ど無いペラペラのページが出来てしまうのです。

コンテンツの中身が薄い記事は、アドセンスのポリシー違反になります。

自分で書いたページをすべて1000 文字以上にしても、自動生成のページがスカスカでは審査に通りません。

 

、ペラペラのカテゴリーページがない

前述のペラペラのタグページと一緒で、記事数が少ないカテゴリを設定すると、

ペラペラのカテゴリ一覧のページが自動的に生成されます。

実際の運用では、広告掲載をしない設定をすれば済むのですが、審査申請中は、

すべてのカテゴリに少なくとも5記事以上は設置しておきましょう。

無理に細かくカテゴリ分けしないで、大括りにしておいて、審査承認後に整理すれば良いです。

 

、グローバルメニューが設置されている

読者のナビゲーション困難を理由に不承認になることがありますので、グローバルメニューを設置しておきます。

 

利便性重視

操作が簡単で分かりやすくなっているか?

ナビゲーションバーやメニューバーは特に重要な要素です。

ユーザーの利便性が損なわれてはいけません。

ユーザー目線を意識して構築しましょう。

 

サイト内でユーザーが迷子になるようなものは論外です。

  • 項目の並び(全ての項目を適切に並べる)
  • 読みやすさ(テキストを読みやすくする)
  • 機能(適切に機能するプルダウンメニューの作成)

など。

他にカテゴリの項目があっても構いません。

グローバルメニューには少なくともサイトマップ、プライバシーポリシー、運営者情報

(できれば顔写真もあれば効信頼度は増す)を記載します。

A、メニューにサイトマップの項目がある

 サイトマップは、プラグイン『Dagon Design Sitemap Generator』を利用すると簡単です。

B、メニューにプライバシーポリシーの項目がある

 プライバシーポリシーについては、下のURL を参照してください。

 https://support.google.com/adsense/answer/1348695?hl=ja&ref_topic=1271507

C、メニューに運営者情報の項目がある。

 運営者情報には、名前(ハンドルネームでOK)と連絡先(email)の記載が必要です。

 

9、運営者が18歳以上である

18 歳未満の人は、申請できません。

保護者の名前を借りるなどして対応します。

 

10、NG ワードを使っていない

NG ワードと書きましたが、禁止されたコンテンツを含んでいないことです。

ざっと、項目を挙げれば次のようなものですが、これに限定されません。

 

ポルノ、性的表現、暴力、児童虐待、脅迫、危害、誹謗、中傷、威嚇、攻撃、差別、冒涜、

ハッキング、クラッキング、迷惑ソフトウェア、マルウェア、違法薬物、麻薬、絶滅危惧種販売、

ビール、酒類(ワインはOK)、タバコ、処方箋医薬品販売、武器・兵器、戦争、

授業や論文の販売、違法行為、不正行為、法的権利侵害、ギャンブル(パチンコ・スロットはOK)

 

少しでも怪しい、心配だと思ったら、躊躇なく避けましょう。

あと情報商材とAdSense広告は同じページに載せてはいけません。

 

11、画像、文章に著作権の問題はない

自作のオリジナル文章であれば問題ありません。

絶対に、どこかのサイトからのコピペをしてはいけません。

著作権が不明な画像は使用してはいけません。

自作のイラストや絵画でも、お手本がある場合(模写)には、止めておきましょう。

タレントにはパブリシティ権、キャラクター商品では著作権があるので、避けるべきです。
たとえ自分で撮影した写真でも止めときましょう

 

 

まとめ

以前はわりと誰でも簡単にAdSenseを取れる時代がありました。

 

しかし、今はかなりシビアになってきておりこれが初心者さん達には最初のハードルとなります。

ここで数パーセントの人が脱落します。

 

さらにトレンドブログやYouTubeなどを運営していると、突然圏外へブログを飛ばされたりYouTubeチャンネルを削除またはアカウント停止などを喰らったりして数パーセントの人達が消えていきます。

 

残るのは”王道”という正しい手法でコツコツやってる人達です。

 

この脱落していく人達の根本原因は、たった一つだと思います。

それは・・・

 

 

 

”お金儲け”が先にありき

 

 

反論もあるでしょう、確かに副業などで少しでもお金になるなら・・・と言うことですからお金儲けは当たり前なのですが、あまりにもそれが前へ出すぎると大事なことを見失うことがあると言うことです。

 

チャンネル削除されたり、圏外へ飛ばされた人達はまったく非がなかったのでしょうか?

 

Googleが提唱する価値あるコンテンツだったと胸を張って言い切れるでしょうか?

テレビ番組やアニメを丸ぱくりして、動画をUPしていれば当然おとがめは来ます。

 

ペラペラな根拠の薄いうわさ話程度の芸能記事を量産しばらまき、莫大なアクセスを稼ぎまくる。

そして気がつけばある日圏外だった・・・。

 

そしてやっぱりアフィリエイトなんて儲からないやと退散していく人たちが、沢山いました。

 

でも逆にこれはチャンスでもあるわけです。

しっかりユーザーに喜ばれる価値あるコンテンツさえ作ればいいだけの話なんですから、裏技とかは通用しませんしやりやすい時代になったんだと思います。

 

以前は正直者がバカを見る時代が確かにありました。

でもこれからは時代がどんどん変わり、真面目にコツコツやったもの達が報われるのですからネットビジネスをこれから始めようという人たちには良いタイミングだと思います。

 

ぜひ挑戦して頂けたらと思います。

 

政府も副業はOKだと言っていますしね。

 

 

 

 

日本消費者サポート

 

いい加減そろそろ、始めませんか?

 

王道の本物のアフィリエイトを 今からやれば早くて3ヶ月後

 

遅くても半年後には初報酬が得られます! 稼ぐ方法にファンタジーは必要ありません

 

必要なのはあなたのやる気行動力たったこの2つのキーワードだけです。
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

【厳選おすすめ優良商材はこちら!】

 

 

【アンケートに答えて成功のノウハウをGETする↓】

アンケートに答えメルアドを登録して頂いた方だけに

これを最初に考えた人は、たった2日で構築し1ヶ月で80万稼いだという『面白ノウハウ無料公開中!』

+とりあえず10万GETする無料ノウハウも2つプレゼント。さらに?ここでは紹介していない超優良商材も!

アンケートはコチラから。解除はいつでもワンクリックでできますのでご安心ください。無料プレゼントだけDLしたら解除してもいいですよ^^お気軽に。