おはようございます爆郎です。

 

先日またかと思うニュースがあったので、ちょっと一言。

【中学教諭(58)、いじめで虚偽説明指示】

799a25a0221ec449c243e79225669952_m

兵庫県教育委員会は23日、中1の男子生徒が部活動の上級生からいじめを受け、胸を骨折したのに、同僚教諭に対し「階段から転んだことにしておけ」と病院に虚偽の説明をするよう指示したとして、部活動の顧問をしている姫路市立中の男性教諭(58)を停職6カ月の懲戒処分にした。

県教委によると、生徒は昨年7月、朝の練習中に2、3年の男子生徒2人から蹴られるなどして骨折した。病院に付き添った同僚の副顧問は指示に従い、医師にうその説明をした。

県教委の調査に、顧問は「医師が警察に通報すると大問題になると思った。隠すつもりはなかった」と説明している。

(共同通信47ニュースより抜粋)

 

 

 

不干渉

生徒に教える立場の人間である教師が保身のために、虚偽の行動を取る。なんてことはもう珍しくないとうか「またか」というフレーズが先に立つようになりました。

 

警察官や政治家たちの不祥事もそうですが、「またか」と言うことが多すぎて、いつの間にか「馴れ」や、「麻痺」に近い心理状態になっているということに危惧した方が良いと思いました。

 

爆郎が小学生の頃なんかは先生という存在は絶対的なもので、ビンタなんかしょっちゅうされていました。(今では考えられませんが)

 

ビンタされて・・・そこで、自分は「そうとう悪いことしたんだな・・・」と心に焼き付いたものです。

 

先日タイムリーなことにNHKドラマで藤原竜也さん主演の「海底の君へ」というドラマをみまして、そして今回の「またか」につながりドラマがもの凄くリアルに感じました。

NHKドラマ

感情を刺激する様々な情報があふれかえっている現在、あまりにも刺激を繰り返し繰り返し得ているせいか不干渉な人々が増えているような気がします。

苦しんでいる人たちの気持ちが理解できないというのは、そういった不干渉から少なからず来ている気がします。

 

 

 

情報商材もまた似たようなもので、「困っている人」、「悩んでいる人」、たちのためにあるべきものが一部の不干渉な人たちが

 

こういった人たちの弱みにつけいり利用してゴミ同然のものを売りつけお金儲けに走っている・・・・・

 

今回の教師も学校という閉鎖的組織の中が全てだったんでしょう、他の世界が見えない不干渉な人間に落ちていた・・・

いえ、自分がそこまで落ちていたことにすら気がついていなかったと思います。

 

 

情報商材の世界ももっとクリーンにしなくては。

 

 

 

 

 

 

日本消費者サポート

 

いい加減そろそろ、始めませんか?

 

王道の本物のアフィリエイトを 今からやれば早くて3ヶ月後

 

遅くても半年後には初報酬が得られます! 稼ぐ方法にファンタジーは必要ありません

 

必要なのはあなたのやる気行動力たったこの2つのキーワードだけです。
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

【厳選おすすめ優良商材はこちら!】

 

 

【アンケートに答えて成功のノウハウをGETする↓】

アンケートに答えメルアドを登録して頂いた方だけに

これを最初に考えた人は、たった2日で構築し1ヶ月で80万稼いだという『面白ノウハウ無料公開中!』

+とりあえず10万GETする無料ノウハウも2つプレゼント。さらに?ここでは紹介していない超優良商材も!

アンケートはコチラから

関連記事